金正恩氏が中朝境界を通過 FNNが専用列車撮影

01/10 06:32
中国を訪問していた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が乗ったとみられる専用列車が、10日午前、中朝境界の街、遼寧省丹東の駅を通過した。

列車は、このあと平壌(ピョンヤン)に戻る見通し。

これは、日本時間の午前5時ごろ、金委員長が乗ったとみられる専用列車が、丹東駅に到着する際の映像。

駅のホームには多くの警察官が配置され、厳戒態勢となっている。

専用列車はつい先ほど、丹東の駅を出発し、中朝境界の橋をわたって行くのが確認された。

4回目となる今回の中国訪問で、金委員長は習近平国家主席と会談するなど、中朝の緊密な関係をあらためてアピールした。

会談では、2回目の米朝首脳会談をにらみ、非核化交渉について意見交換したとみられ、このあと双方の公式メディアが、首脳会談の結果について公表する見通し。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング