主犯格、11日強制送還へ 積水ハウス被害地面師事件

01/10 19:57
積水ハウスが土地取引をめぐり、およそ63億円をだまし取られた地面師事件で、逃亡先のフィリピンで身柄を拘束された主犯格の男が、11日、日本に強制送還される。

10日、フィリピン当局が、カミンスカス容疑者を正式に日本へ送還すると発表した。

フィリピン当局によると、カミンスカス操容疑者(59)は11日、マニラの空港で、フィリピン当局から日本大使館の担当者に引き渡され、現地時間の11日昼すぎに、マニラを出発する飛行機に乗せられ、強制送還される。

カミンスカス容疑者は2017年6月、積水ハウスとの土地取引の際、地主になりすまして、うその書類を法務局に提出し、土地を不正に登記しようとした疑いが持たれていて、警視庁は、日本に到着次第、カミンスカス容疑者を逮捕する方針。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング