不正は10年前から2億円 京王電鉄子会社

01/11 01:03
京王電鉄の子会社の京王観光が、団体旅行でJRの乗車料金を支払わない不正が発覚した問題で、不正は10年程前から組織的に行われ、被害総額はおよそ2億円に上ることがわかった。

京王観光が扱う団体ツアーで、新幹線などJR各社を利用する際に、支店に設置されたJR乗車券の端末を悪用し、実際の人数より少ない枚数の切符でツアーを行っていたことが明らかになった。

京王観光はこうした不正を10年前から組織的に行い、判明しているだけで、JR側の被害総額は2億円に上ることがわかった。

JR各社は、損害賠償を請求する方針。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング